無料の文章校正ツールを紹介する

MS Officeが使えなくなったので早速今回からLibre OfficeのWriterを使って記事を書き始めています。Wordを使えなくなったことで心配していたのが、スペルチェックなどの文章校正ツールがなくなる事でした。Libre OfficeのWriterにも「スペルチェックと文法チェック」というメニューはあるのですが、中身を見ると英語の辞書しか登録されておらず校正ツールは英文に限定されているようでした。

そこでWebから無料で使える校正ツールを見つけてきましたのでご紹介いたします。

日本語校正サポート

”日本語校正サポートは、正しい日本語の文章を書くためにお手伝いするサイトです。”とある通りサイト内には日本語を使う上での様々な知識が書かれているので、時間のある時に一読しておきたいところです。メインのサポートツールについては、下図の通り文章を貼り付けて「日本語チェック」ボタンを押すだけで文章校正が始まります。

校正結果については文章に番号を付けてどこに問題があるのか1つ1つ教えてくれます。試しに過去のブログ記事を文章校正にかけたところ、区分が「難読」となるものが大半で常用漢字以外の漢字を使用した場合や専門用語を使っていると指摘されるようです。「一般的にはより平易な表記が望ましい言葉」と表示されますが、表現の問題や専門用語を分かっている人向けに書いている記事を書いているので、この問題は無視してよいかと思います。

他には、「言葉の誤用」、「助詞不足」などがありました。Wordの校正ツールとはまた違った指摘のされ方をするので、Wordで文章を作成している人もこのツールを使ってみることをおすすめします。

リンク:日本語文章校正をサポート

enno

このツールは、タイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェックするツールになっています。使い方は先ほどとほぼ同じです。

チェック結果は黄色や緑色でハイライトされて表示されるので、どの文章に誤りがあるのかすぐに分かる仕組みになっています。入力エラーを主にチェックしているため、漢字の難度といった情報はありませんが、明らかな誤りを高い精度で指摘してくれるのが良い点です。

リンク:enno

まとめ

私の調べた限り無料で使える文章校正ツールは以上の2つでした。この2つのチェック結果は、重ならないことも多いようなので、両方のツールを使いそれぞれの指摘を修正すれば文章の問題は殆どなくなるでしょうか。

ここで紹介した以外にも、文章の読みやすさや難易度を測るツール、キーワードの出現頻度をチェックするツールなど様々な文章分析ツールがWeb上で提供されているようです。時間があるときにSEOを考慮したこれらのツールの使い方などを紹介できればと思っております。

日本語で分かりやすい文章を作成する際に注意すべき点などが丁寧に書かれた本です。句読点の打ち方について細かく丁寧に書かれていたのが印象的でした。この本に書かれていることを少しでも実践できれば、文章はかなりレベルアップすると思います。