松戸駅周辺の本屋を紹介する

私は本屋が好きで旅行先でも本屋を見つけると、つい入ってしまいます。今の松戸の家に引っ越してきた時、初めて駅の周りを歩いたのは本屋を探すためでした。

最近は、Google Mapで簡単に本屋の場所を調べることができるので本屋を探すために迷うことはないのですが、地図だけだと本屋の規模が分からず行ってみてがっかりしたことが何度かありました。たとえ大きな本屋であっても自分の欲しいジャンルが少なかったりすることもあり、やはり、自分の足でお店に行くべきだと思っています。

そこで、今回は松戸駅周辺の私が頻繁に行く本屋を紹介します。

1.良文堂書店松戸店

”良文堂書店松戸店”

松戸駅の東口を出ると目の前に見える本屋です。店内は少し狭いのですが2F~4Fまであるため、かなりの数の本を置いています。専門書もそれなりに揃っているため、この本屋で目的のものを見つけることもよくあります。ただし、階段が急なので気を付けましょう
この本屋の最大の利点は駅から近い事です。小雨程度なら走っていけばほとんど濡れません。帰宅途中にふらっと立ち寄れる気軽さが便利です。

2.くまざわ書店松戸店(アトレ松戸6F)

松戸駅の駅ビルアトレ松戸の6Fにある本屋です。駅直結なので外に出ることなく立ち寄れるので、雨の日でも問題ありません。ちょっと不便なのが6Fにあるということです。駅直結なのですが、改札を出てすぐに入り口がある良文堂書店と比べるとお店まで時間がかかるので、利用頻度が少し落ちます。

それなりに大きな規模の本屋なので、大体のものはここで見つかるでしょう。アトレの中にあるだけあって、若い人が多い気がします。

3.ジュンク堂書店 松戸伊勢丹店

”ジュンク堂書店 松戸伊勢丹店”

書籍の量は松戸駅周辺では最大であり、この規模の本屋はこの近辺ではここしかないと思われます。他を圧倒する広さと本の数、私はこの店が大好きです。

難点は、駅から少し遠い事と8Fにあることです。会社帰りに気軽に立ち寄れる場所にはないため、どうしても欲しい本を確実に手に入れたいときしか平日は行きません。土日は事あるごとに立ち寄って本をチェックしていますが。
この本屋は専門書の数もかなり置いてあり、ここで目的の本が見つからなかったら、私は大人しく八重洲ブックセンターに向かいます。

【注】2018年3月21日に伊勢丹松戸店の閉店が決まっているためジュンク堂書店も無くなるのかもしれません。ここが閉店してしまうのはかなり痛いのですが、少し不便な立地にあったのでやはり厳しかったのでしょうか。

4.未来屋書店 松戸西口(ダイエー松戸西口店4F)

この本屋に立ち寄ったのは数回ですが、お店が広々として本が探しやすい印象を受けました。今回紹介した本屋の中では最も本の数が少ないと思われますが、じっくりと本や雑誌を眺めたい方にはお勧めです。

私が立ち寄った日曜日の午前中はほとんど人がいなくて、人混みが嫌いな自分にとってはゆっくりと本を探せたのが良かったです。ダイエーの中には休憩スペースがたくさんあったので買い物に疲れたときに休憩ついでに立ち寄るのがいいでしょう。

まとめ

以上の4店について順位を付けるなら、1位:良文堂書店、2位:ジュンク堂書店、3位:くまざわ書店松戸店、4位:未来屋書店 松戸西口 です。まずは手軽に行ける本屋をのぞいて次に大型書店へ行き、最後に穴場的な本屋で探してみるのが私のパターンです。

最近は電子書籍で本を読むことが多くなり本屋に行く回数も昔ほどではなくなりました。しかし、紙の本でなければ理解の難しい専門書を入手することや、本という形として所有しておきたい場合は本屋に行かなくてはいけません。

Amazonに押され経営が厳しい本屋が多いようですが、紙の本は電子書籍にはない利点が多くあるため何とか生き残ってもらいたいところです。