Excelの値貼り付けショートカットは「Alt+4」で決まり

Excelを使っていると頻繁に「値貼り付け」を行うと思います。この操作に対してデフォルトでショートカットキーが設定されていないことは有名です。しかし、実は簡単な設定でこの「値貼り付け」に対するショートカットを設定する方法があります。

(※手元にExcel2007しかないため以下の説明では全てExcel2007の画面で行いますが、どのバージョンでも同じことができます。)

まずはExcelのオプション画面を開いてください。左側の“コマンドの選択”より[ホーム]タブを選択し、すぐ下のリストボックスから「値の貼り付け」を選択して【追加(A)>>】ボタンを押します。

右側のリストボックスに「値の貼り付け」が入ったら【OK】ボタンを押して画面を閉じます。

通常画面に戻ったら左上を見てください。アイコンが1つ増えています。

このアイコンが置かれている場所がクイックアクセスツールバーと呼ばれる場所で、Excelのオプション画面から設定すれば好きなアイコンを置くことができます。

このクイックアクセスツールバーはAltボタンを押すと、下図のように各アイコンや項目に数字もしくはアルファベットが割り当てられます。この状態で「4」を押せば値貼り付けを実行したことになります。

これで値貼り付けへのショートカットが設定できました。このショートカットキーを使えばマウスで操作するよりも断然早く値貼り付けを行うことができます。

もちろんクイックアクセスツールバーにはExcelのほとんどの操作をアイコンとして置くことができるので、自分が頻繁に使用するけれどショートカットキーが存在しない操作を置けば、かなりの作業時間を省くことが可能になるでしょう。