画面の一部をキャプチャできる便利なツール『SnippingTool』の紹介

PC画面の好きな部分をクリップボードにコピーできる便利なツール「Snipping Tool」について紹介します。このような画面のコピーを取るツールをスクリーンショットキャプチャツールと呼ぶようです。

通常は画面全体のキャプチャを取るPrint Screenボタンを使用することが多いかと思いますが、画面全体ではキャプチャが大きすぎると感じた時や、印刷のことを考え特定の範囲にキャプチャを限定したいときに役立つツールとなります。

基本的な使い方

「Snipping Tool」はWindows Vista以降のOSであれば標準でインストールされているアプリケーションなのでインストール作業は必要ありません。起動させるには、スタートメニュー>Windows アクセサリ>Snipping Toolの順に辿ってください。

起動すると次の画面が出てきます。

まずはモードの設定を行います。モードには4種類ありますが通常は「四角形の領域を切り取り」を使えばよいでしょう。

モードを設定したら新規作成ボタンを押します。マウスカーソルが+(プラス)の形になるので、その状態でキャプチャしたい箇所をドラッグします。

ドラッグが完了すればキャプチャ画面が表示されます。

Windows10では、右側にペンやマーカーのアイコンが出てきますので、この画面上で画像の加工が簡単にできます。本格的に加工したい場合はペイントなどのソフトを使用するとよいでしょう。

遅延の使い方

Snipping Toolには「遅延」というボタンがついています。この「遅延」は選択した秒数が経つとその時点で画面が固まり、固まった画面をキャプチャすることができます。


例えばタスクバーの右にあるカレンダーをSnipping Toolでキャプチャしようとしても、新規作成ボタンを押した瞬間にカレンダーが閉じてしまうためキャプチャすることができません。しかし、「遅延」を使用すればカレンダーを開いた状態でキャプチャすることができます。

待ち時間を3秒に設定して新規作成ボタンを押します。素早くカレンダーを開いてください。ボタンを押して3秒後にキャプチャできる状態に画面が切り替わります。この時点でキャプチャ範囲を指定すれば画面を切り取ることができます。

まとめ

私は仕事の最中に重要そうな画面を見るとすぐに画面をキャプチャしてプリントアウトしノートに貼り付けています。画面をそのまま記録に残しておけるので、後から見返したときにすぐに思い出せるのと、紙にプリントアウトすることでメモ書きを自由にできるのが役立ちます。言葉だけの記録よりも、画面キャプチャがあった方が断然記憶に残るので皆さんもぜひSnipping Toolを有効活用してみてください。